入学式入園式での礼服(ブラックフォーマルママスーツ)のポイント

可愛いお子さんの入園式や入学式には親として絶対に参加したいものですよね。
入園式や入学式の主役はもちろん子どもですが、フォーマルな式典に参加する以上両親もそれなりの恰好をしなくてはなりません。

しかし、人によっては「ブラックフォーマルで大丈夫なの?」「何に気を付ければいいの?」と疑問に感じている方もおられるでしょう。

そこで、ここでは入園式や入学式におけるブラックフォーマルのポイント、注意点などについてご紹介します。

ブラックフォーマルは正式な礼服
ブラックフォーマルは黒系の礼服を指していますし、礼服である以上さまざまな冠婚葬祭で着用することが可能です。

多くの方はブラックフォーマルを喪服と勘違いしていますが、決して喪服としての機能しか備えていないわけではありません。

では、子どもの入学式にブラックフォーマルで参加しても良いのか、ということですが、男性の場合は基本問題はありません。

ネクタイやシャツなどの色で印象を変えることができますし、ブラックフォーマルでも特に問題にはならないでしょう。

実際に黒スーツで参加しているお父さんはたくさんいます。

では女性はどうかというと、これは賛否が分かれるところです。

入学式にはブラックフォーマルを着用するべきではないという声もありますし、礼服である以上着用しても大丈夫だという声もあります。

このような論争は以前からありましたし、その都度激しい論争になったものですが、今でもその決着はついていません。

基本的には入学式のようなおめでたい式典にブラックフォーマルを着用するべきではないという意見も理解できますが、礼服ですからそこまで問題視する必要もないのでは、という気もします。

確かに、入園式や入学式はおめでたい式典ですから、喪服のようなブラックフォーマルで参加してしまうというのは少々問題なのかもしれませんね。

ただ、現在ではブラックフォーマルで入園式や入学式に参加している方はたくさんいますし、そこまで気にすることはありません。

もちろん、そのままブラックフォーマルで参加してしまうとお葬式に参加したようになってしまいますから、多少着こなしに工夫をする必要はあります。

着こなしで雰囲気を明るく
入園式や入学式にブラックフォーマルで参加するのならワンピースを着用するようにしましょう。

ワンピースはブラックフォーマルの中でも格上の扱いとなりますし、見た目もキュートになります。

また、ブラックフォーマルの上に羽織る上着はなるべく明るめの色の服をチョイスすれば見た目の印象は随分変わります。

もちろん、明るく華やかにすればいいとは言ってもあからさまに派手にしてしまうと問題ですし、子どもよりも目立ってしまうため注意が必要です。

あくまでブラックフォーマルの重々しさを軽減するためですからそこを忘れないでください。

白いコサージュやアクセサリーなどを用いるのもおススメです。

ほかにもいろいろな工夫ができますが、基本は喪服のように見えないことです。ストッキングなども黒は避けてベージュなどの色にするべきです。

ブラックフォーマルとは言っても着こなしや工夫次第でいくらでも華やかに見えますから、ブラックフォーマルでも十分卒園式や卒業式に参加することはできます。

現在では慶弔兼用のブラックフォーマルなども販売されていますし、それと明るい上着、アクセサリーなどを合わせて参加すれば違和感はないでしょう。

地味すぎるのはNG
ブラックフォーマルはできれば避けたほうが良いですが、それでも工夫次第で何とでもなります。

また、人によっては「子どもが主役だから」と地味にまとめ過ぎてしまう方もいますがそれはそれで問題です。

入園式や入学式に参加するママさんはやり過ぎない程度の華やかさが求められますから、地味すぎるのもあまり良くありません。

子供が新しい生活に向けてスタートを切る大切な式典ですし、おめでたい場所なのですからあまり地味すぎるとお祝いの式典に水を差してしまうことになるでしょう。

子どもより目立ってしまうのは論外となりますが、ある程度の華やかさは必要ということは覚えておいてください。

このあたりのバランスは少々難しいかもしれませんが、子どもより目立ってはダメという想いから地味になり過ぎてしまうと違和感があります。

ブラックフォーマルで地味にまとめてしまうと尚更喪服のように見えてしまいますし、とてもお祝いの式典に参加している格好には見えません。

ブラックフォーマルでなくても地味にまとめ過ぎてしまうと不適切ですから、子どもより目立たない範囲で華やかさ、明るさを取り入れてコーディネートするということが大切です。

母親のNGな恰好について
ここまで読み進めていただいた方だとお父さんよりもお母さんの服装のほうが遥かに難しいと理解できたと思います。

確かに父親はブラックフォーマルでもそれほど違和感ありませんし、ネクタイを変えるだけで印象がガラッと変わるため女性よりも簡単かもしれません。

また、ママさんの恰好には先ほどご紹介したこと以外にもさまざまな注意点がありますから覚えておきましょう。

まず、スーツでなく着物で参加したいという方もおられるかもしれませんが、あまりにも場違いな着物は当然NGとなりますから覚えておきましょう。

振袖や花魁といった格好は誰が考えても入園式や入学式の場に相応しいとは言えません。いくらおめでたい式典とは言ってもこれはやり過ぎです。

お子さんが主役ということは大原則ですからそこを勘違いしないでほしいですね。

また、アクセサリーをたくさんつけて参加するのもダメです。

意外とやってしまいがちな方が多いですが、アクセサリーはこうした式典において相応しくありません。

派手なリングやネックレスなどは外して参加したほうが無難でしょう。

これも意外に多いのですが露出は厳禁です。

せっかく上手に着こなしていたとしても短すぎるミニスカートや胸の谷間が見えてしまうような恰好は相応しいとは言えません。

最近の若い方に多い傾向にありますが、これはフォーマルな式典では完全NGとなります。

ほかにも厚手のタイツはダメですし黒のストッキングなどもNGとなりますから覚えておきましょう。

先ほども言ったように女性の場合は男性に比べて注意点が多いです。くれぐれも注意してください。

父親のNGな格好
ここまでママさんをメインにお話してきましたから、最後くらいお父さん向けのお話をしておきましょう。

入園式や入学式に参加するパパさんのNGな恰好、服装ですが、カジュアル過ぎる恰好はダメです。

ブラックフォーマルなら大丈夫ですが、ジーンズにシャツといったあからさまにカジュアルな格好だと式典に相応しくありませんから注意しましょう。

また、派手すぎる色はダメですし、サングラスもNGです。

人気アーティストの真似をして常時サングラスをかけているような方もいますが、こうしたフォーマルな式典だとNGになります。

ごつごつしたアクセサリーも当然NGとなりますから覚えておきましょう。

ブラックフォーマルで入園式や入学式に参加するときのポイントや注意点についてご紹介しました。

近い将来子どもの入園式や入学式に参加する方はぜひ覚えておいてほしいですね。

子供が主役なのはもちろんですが、両親もそれなりの恰好をしていないとお子さんに恥をかかせてしまいますから覚えておきましょう。

喪服を持っていないという方はレンタルするのも一つの手ですよ。→喪服レンタル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です